沿革

2004 China Electric Equipment Group(CEEG)の子会社、China Sunergy Co. Ltd.としてCSUNを設立
2005 最初の32MW太陽光電池生産ラインを設置
2006 太陽光電池の生産高は192MWに達し、CSUNは光起電力企業の世界大手のひとつに躍進
2007 CSUNはNASDAQに上場
CSUNのパートナー企業であるChina Electric Equipment Group(CEEG)は、2つのモジュール工場を建設してPV事業を設立
2008 ドイツでCSUNの欧州本社を設立
選択エミッター(SE)太陽光電池の商業生産により、CSUNはこの分野でのパイオニアとしての地位を確立
電池生産能力は320MWに到達
2010 CSUNは、CEEGの2ヶ所のモジュール生産施設を買収して太陽光モジュール市場に参入
電池生産能力は400MWに達し、モジュール生産能力は480MW
2011 CSUN米国事務所の設立
CSUNはデロイトの中国クリーンテクノロジー企業上位20社に選出
電池生産能力は600MWに増え、モジュール生産能力は980MWに上昇
2012 CSUNはデュポンと3年間の戦略的協力契約を締結
CSUNはトルコのパートナー、Seul Energyと合弁事業契約を結び、イスタンブールで太陽光電池・モジュールの生産施設を設立
電池生産能力は1GWに増え、モジュール生産能力は1.2GWに上昇
2013 イスタンブールの新工場を正式に竣工し、大量生産を開始